私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

ケアレクの8つの視点とICF(国際生活機能分類)と活動範囲の拡大の支援

2023.02.09

ICF(国際生活機能分類)

国際生活機能分類には「心身機能・構造」「活動」「参加」の3つの構造があります。

「心身機能・構造」とは以前言われていた機能障害に対応するもので、筋力や関節可動域などの身体機能や変形・切断などの身体構造、記憶や計算力などの精神機能を指します。

「活動」とは、以前言われていた能力障害に対応するもので、食事・排泄・入浴などの日常生活活動などを指します。

「参加」とは、以前言われていた社会的不利(ハンディキャップ)に対応するもので、町内会活動やボランティア、経済活動などの社会活動への参加を指します。

ICFでは、これらの因子が相互複合的に関連し合い、総合的な機能として「生活機能」が規定されると述べています。

したがって、対象者の生活を常に3つの因子の視点で視ていく癖をつけることが必要となります。

この際、それぞれを単独で考えるのではなく、相互の関係についても深く考えていく必要があります。

それによって、より広く、より深く対象者が見えてきます。

同時に3つの構造で生活を視ることにより、3つのレベルでのケアを生み出すことが可能になります。

すなわち、「参加レベルのケア」「活動レベルのケア」「心身機能・構造レベルのケア」です。

これら3つのレベルでのケア提供を心がけましょう。


活動範囲拡大

心身機能が低下した際に問題となる事項の1つに「閉じこもり症候群」があります。

閉じこもり症候群における閉じこもりは、ただ単に「決まった場所にしか行かなくなる」→「家から出なくなる」→「部屋から出なくなる」→「布団から出なくなる」といった身体面の閉じこもりだけではありません。

「決まった人としか話さない」→「家の人としか話さない」→「自分の殻にこもる」といった精神面や社会面の閉じこもりもあります。

活動範囲の拡大を考える場合にはこの3つの面を考えることが重要です。

ケアの場面では「身体面の活動範囲の拡大」「精神面の活動範囲の拡大「社会面の活動範囲の拡大」と3つの面、それぞれ、またはいずれかを改善する視点が大切です。


【情報提供元】

デイの管理者&リーダー「だよりね」

https://tool.daybook.jp/


【学ぶ】

■デイの基準と運営指導・監査対応セミナー

https://tsuusho.com/standard

■認知症ご利用者の生活行為向上のためのリハビリアプローチ

https://tsuusho.com/livingfunction

■リハ職・機能訓練指導員が実践するべきトレーニング・評価・実技セミナー

https://tsuusho.com/adl

■実践!認知症ケア研修会2023

https://tsuusho.com/dementia

■介護制度と報酬改定への対策&デイサービス見学会

https://www.tsuusho.com/ds_tour

■デイ運営特別セミナー

https://www.tsuusho.com/special

■【オンライン講座】PEAPに基づくご利用者を取り巻く施設環境づくり

https://tsuusho.com/lp_creating_an_environment

■第19回日本通所ケア研究大会セミナーDVD

https://tsuusho.com/conferencedvd

学べる研修一覧

リハ強化
見学会セミナー
ケアレク
セミナー動画配信
ケアマネオンラインセミナー
【オンライン】環境づくり
【オンライン】リハビリ90講座
大会DVD

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速
ページトップ ▲