私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

総務省発表【65歳以上の割合は過去最高の29.0%】

2023.04.14

総務省は2023年4月12日に昨年10月1日時点での65歳以上の高齢化率は29.0%となっていることを最新の人口推計で公表しました。

日本の総人口は前年より556,000人少ない124,947,000人となっており、12年連続の減少となりました。

一方で65歳以上の人口は前年より22,000人増加の36,236,000人で、日本の総人口に占める割合としては29.0%と過去最高となり、人口の約1/3は65歳以上という計算となります。

また、75歳以上の人口はより大幅増加傾向にあり、19,364,000人となりました。こちらも人口の占める割合として過去最高の15.5%となりました。


・15歳未満の人口割合が75歳以上の人口割合を上回るのは、沖縄県のみ(16.3%)

・15~64歳の人口割合が最も高いのは、東京都(66.3%)

・65歳以上の人口割合が最も高いのは、秋田県

・75歳以上の人口割合が最も高いのは、秋田県


日本通所ケア研究会会長:妹尾弘幸の雑感

22年後の2045年には14歳以下の人たちが22歳~36歳になっています。

そのころは要介護認定者数も多く、介護が必要な人が多数いますが、若い働き手は14,500,000人程度でそのうちの3%が介護職に就いたとして435,000人で2,900,000人程度必要とされている介護職の15%にしかならないことになります。

もし2%程度の就業率だとすると290,000人でちょうど10%となり、残り90%を37歳以上の者でカバーすることとなります。

22~36歳が10%、37~51歳が○○%、52~66歳が(90~○○%)という割合になります。


【情報提供元】

総務省人口推計(2022年(令和4年)10月1日時点)

https://www.stat.go.jp/data/jinsui/2022np/index.html

だよりね

https://tool.daybook.jp/


【学ぶ】

■【オンライン配信】2024年介護報酬改定の影響と対応

https://tsuusho.com/special_ondemand

■デイの管理者養成講座&運営改善講座

https://tsuusho.com/manager

■看護職・機能訓練指導員・介護職のための個別機能訓練実技セミナー

https://tsuusho.com/kunren_jitsugi

■【令和5年度版】デイの基準と運営指導・監査対応2日間セミナー

https://www.tsuusho.com/standard

■【オンライン講座】PEAPに基づくご利用者を取り巻く施設環境づくり

https://tsuusho.com/lp_creating_an_environment

■第19回日本通所ケア研究大会セミナーDVD

https://tsuusho.com/conferencedvd

学べる研修一覧

見学会セミナー
ケアレク
セミナー動画配信
ケアマネオンラインセミナー
【オンライン】環境づくり
【オンライン】リハビリ90講座
大会DVD

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速
ページトップ ▲